So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

教室A [ドール]

結局、メイクが気に入らなかったので、再度メイクし直しました。

ボンディックで目を加工すると、目の大きさや見え方が変わって、イメージがちょっと違う感じになっていたもので・・・。

DSC08865-s.JPG


ただ、写真撮影したものと、実物はやはり違いますね。実物のほうが可愛いです(*´ω`*)(←あふぉ

DSC08866-s.JPG


光の加減などで写真は印象がかなり変わるので難しいです。

DSC08872-s.JPG


ただ、まだ満足いくメイクになっていないので、今後ちょっとずつ手を加えていきます。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ボンディック(BONDIC)

ちょっと便利なものを見つけたので紹介します。

ボンディック(BONDIC)という液体プラスチック接着剤です。

DSC08803-s.JPG


溶剤を使用しないので、匂いはほとんどしません。

DSC08804-s.JPG



今回は、悠 マリア フォルテッシモ(まだこの名前、慣れないなぁ・・・)のスタンドがグラグラするので、それを修理してみます。


DSC08808-s.JPG
①付けたい場所に液体プラスチックを流す。


DSC08810-s.JPG
②専用のUV LEDライトを4秒間照射する。


DSC08811-s.JPG


固まりました。手で触っても付きません。


かなり便利です。

教室Aの瞳の光沢(結果的に泣き顔になった)も、このボンディック(BONDIC)を使いました。


専用のUV LEDライトを4秒間照射すれば固まりますが、塗る厚さにもよるので、個人的には4秒以上照射しています。



発想次第でいろんな用途に使えると思います。



欠点といえば、価格がちょっと高い点ですね。

個人的には値段分の価値はあると思いました。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

教室Aつづき [ドール]

つづきです。

夜、フラッシュ無しで撮影

DSC08813-s.JPG


泣いているようにしか見えない・・・。

夜、部屋を薄暗い照明だけにすると本当に泣いているようにしか見えない。

DSC08816-s.JPG



ちなみに、泣いている顔を再現したスーパードルフィーは今のところ無いようなので(ググってみたけど出てこなかった)レアかも・・・。

ググってみたら泣き顔を再現されている方がいました。

DSC08820-s.JPG



一週間このままのメイクで飾ってみて、メイクを修正するかどうか検討します。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

教室Aのメイクを変更してみました [ドール]

教室Aのメイクを変更してみました。

以前からちょっとメイクが気になっていたのですが、なかなか直す時間がなくて・・・。
今日、時間が取れたのでメイクを直してみました。


DSC08778-s.JPG
メイク修正前


以前所有していたくんやエレナも、写真では綺麗に見えるのですが、かなりのやっつけメイクでした。
実物を見て、当時「ちょっとヒドイな・・・」と思っていました。


今回は特に目元を中心にやってみました。


DSC08794-s.JPG
メイク修正後


目の輝きが違うのが分かりますでしょうか?
メイク前より光沢がかなりあります。

・・・メイクというより、光沢が増しただけというか・・・

最近気がついたのですが、ドールの目・・・光沢がないとイキイキしていないというか、魂が入っていない感じがしてまして・・・。

光沢が有ると、本当に生きているかのような感じになります。目元って本当に大事なんだなと思いました。

ちなみに、泣いているようになっているので、少々やりすぎたかなという感はありますが、「泣いている」という表現もこれで出来るなとΣ(゚Д゚)



艶を出すならMr.colorの「155 スーパークリアー」を使うという手もありますが、匂いが非常にキツいので・・・。

ちょっと前まではマニキュアのトップコートを使っていました。ドールアイに塗るとかなり自然な光沢が出るんです。被膜も薄いので重宝していますが、触ると剥がれやすいというのが欠点です。
今回は透明樹脂を使用。剥がれにくいのですが、被膜が結構厚くなるので、アイの大きさがちょっと大きく見えたり、厚く塗りすぎると光の屈折で黒目の部分が歪むという事もあります。

今回は試しに使ってみました。

でも、本当に泣いてるように見えるな・・・(汗

ちなみに目の位置も若干変更しています。

DSC08797-s.JPG


DSC08798-s.JPG


ちなみに唇にも樹脂を使用。こちらは結構テカテカでいい感じに(*´ω`*)

あと、つけまつ毛も交換しています。

DSC08774-s.JPG


使用したのは100円ショップミーツで売られていた人間用のものです。
セット入っていて108円となかなかリーズナブル


ただ・・・目の位置を変更してから、こっちをじっと見ているような感じに・・・Σ(゚Д゚)


ドールってメイクや目の位置を変えただけでもガラッと表情が変わるのがまた奥が深いです。

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

残す子を絞り込みました [ドール]

残す子を絞り込みました。

まず、くんですが、ヘッドがかなり黄変が進んでいました。一番最初にうちに来たということもあり、かれこれ9年くらい経ちます。

ボディはエレナさんのですが、これもかなり黄変が・・・。
服の下で着々と黄変が進行していたようです。

エレナさんのヘッドですが、他の子と比較するとかなり小さく、並べた際に変な違和感がある事が発覚。

あと、教室Cもかなりヘッドの黄変が進んでいました。


12体いると前の記事に書きましたが、スペアの素体を入れての数です。
実際はそれより少ないです。

その素体自体も、破損している箇所もあり、完全なものではありません。


以上のことから残す子を絞り込んだ結果、3人となりました。



まず、マリアンヌさんは残します。

DSC08496-s.JPG


何回かベースとなるDDの素体を交換していますが、特に損傷箇所はないです。
今回はベースに固定しました。
ヘッドも目立った黄変はなく、実に気品あふれる感じです。



次に、悠さんを残します。

DSC08501-s.JPG


但し、素体はDDに交換し、完全に女性になります。
衣装はマリアのものを継承。バイオリンを弾く少女になりました。
バイオリンの弦とバイオリンを持つ腕の部分はオビツのをパーツを使用(マリアの時のものをそのまま継承)。
SD16の顔立ちが実に綺麗です。

実を言うとマリアのヘッドも黄変が進んでいて、考えた末SD16の悠さんのヘッドをそのまま移植しました。

マリアを尊重し、名前を「悠・マリア・フォルテッシモ」に改名しました。



最後に、教室Aを残します。

DSC08510-s.JPG


素体はDDに変更し、くんが着ていた衣装を継承しました。
この衣装は気に入っています、最近ドルクで再販されたようですね。
ハンド部分はSD13のものを使用しています。


今回、すべてDDのボディにしました。このDDのボディはスペアの素体からいい部品を選別して組み上げたものです。事実上、うちにあったパーツでいちばんいい状態の素体になっています。


基本、あまり動かすことをせず、飾っておく感じにします。
前までよく動かしていた子ほど、DDのボディの関節部分のすり減りが早かった感じがあります。

残した子の共通点・・・個人的に教室AやSD16の顔立ちが好みなんだなと思いました。

数は減りましたが、変わらずこれからもこの3人に愛情を注ぎ可愛がっていこうと思います。
(まぁ、実のところ、エレナさんという変態ドールをを残したら、末代までの恥になりますので)




さて・・・

1/3スケール(60cm)の子はもう増やす予定はないのですが、ここにきて前から気になっているものが・・・。

DSC00555-s.JPG


DSC00551-s.JPG


DSC00550-s.JPG


香港の「ホットトイズ」というメーカーが出している1/6スケールのドールです。

どう観てもジャック スパロウ(ジョニー・デップ)本人にしか見えません。

1/6スケールでここまですごいものが作れる・・・これはもう1/6スケールのドールで可能性を追求するしか無いじゃないですか!!!

1/3と比べて省スペースで済みますし、あと、細々と作り込むことも可能、更にドールの部屋もちょっとしたスペースがあれば出来てしまう・・・。

ただ、ここまでリアルなヘッドがあれば・・・という事ですが。
その辺はこれから考えてみます。






ドール趣味縮小のお知らせ [ドール]

数週間前に家族からの反対もあり、ドール趣味を縮小いたします。

まぁ、数が増えすぎたということでドール自体が部屋で目立っていたこともあったのですが、ついに怒りがこっちに向いてきた感じです。

当初はドールを全部処分するように言われたのですが、数体だけならという条件付きで置いておける事となりました。

12体・・・確かに多すぎです。怒られて当然です(-_-;)

とりあえず4体近くまで絞り込む予定です。


かなり黄変が進んできている子もいたので、いい時期かもしれません。


新ボディ開発中 [ドール]

現在新ボディを開発中です。

「SDのヘッドをDDに取り付ける方法」を考えた以来久々の本格的な素体改造です。


今回開発中の素体は以下の写真を見ていただければ・・・


DSC08094-s.JPG

DSC08095-s.JPG

DSC08096-s.JPG

DSC08097-s.JPG

DSC08098-s.JPG


以上5枚の写真は同じ素体を撮影したものです。
パーツの差し替えは一切ありません。

そう、胸の大きさを自由自在に変えられる素体です。

本来なら「S胸」「M胸」「L胸」のパーツを差し替えて胸の大きさを変えますが、この素体は何と、パーツ差し替えを一切しないで胸の大きさを自由自在に変えることが可能です。

ただ、まだ開発中の素体の為、仕組みはヒミツです。
と、言っても勘が鋭い方は多分お分かりだと思います。
一応現在の状態で胸の大きさは変えることが出来ますが、まだまだ試行錯誤の段階です。
特に大きくした際の胸の形などが満足いくものではなく、まだまだ仕組みの変更の余地ありです。

とりあえず、形になってきたので今回紹介させて頂きました。


悠さんのパンツを [ドール]

この際、思い切って脱がすことにしました(←何故?)

前から悠さんにパンツをはかせると、何故かずり落ち気味になる事が多々・・・。

「ああ、この娘(息子)はノーパンのほうがいいんだなと」(笑)




▼▼▼ドールの裸の写真があります。ご注意下さい▼▼▼











さて、その前に悠さんのウイッグを変えてみました。

DSC07791-s.JPG


どう観ても、お姉ちゃんの服を興味本位で着てみた弟ですね。
こうやってどんどん男の子は女の子の服に興味を持ち始めてどんどん男の娘になっていく訳です・・・(^^)
ああ、これが思春期なんですね(←マテ)


DSC07795-s.JPG


ストレートにすると女の子っぽく。
もう女の子にしか見えません。


DSC07824-s.JPG


ちょっと偉っそうな感じですね。
鼻にかけてるようで非常にムカつきます(笑)


DSC07861-s.JPG


スカートをたくし上げさせると、偉っそうな感じが中和されました。
偉そうにしている割にパンツ丸見えという非常にお間抜けな状態に・・・。


DSC07894EEEEEEEEEEEEEEEEEE-s.JPG
注)男の子です。


パンツが気に入らないせいか、履かせても常にずり下がりになるので思い切って脱がせてみた。
見た目は女の子でもやはり下半身が自己主張するのか?
どうしてもパンツをずり下げて男の子である事を主張したいのだろうか?


DSC07929EEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE-s.JPG
注)男の子です。


椅子に座らせてみた。
上半身は完全な女の子であるが、下半身は男の子そのものである。
このアンバランスさがまたいいのかも知れない。
下半身さえ隠してしまえば女の子だ。

DSC07951EEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE-s.JPG
注)男の子です。


僕は男の子だ、文句あるか と言っているようなポーズ。
ポーズ固定のため、調整中はこの様な状態にしています。

もうこうなったら、可愛かったら男の子が女の子の代わりでもいいですよね(←マテ)

DSC07999-s.JPG


服を着せると自然な状態に。
ノーパンとは気づくまい。

DSC08017-s.JPG


ノーパンにしてからどことなく表情が実にうれしそうな感じになったような気がします(←爆)

DSC08036-s.JPG


いや、明らかにうれしそうです。
ノーパンにした甲斐がありました(笑)



DSC08076-s.JPG


ちなみに前回、教室Aに使用したキューティーズの60cmドールのを改造したドールスタンド。
片足を支える部分は100円ショップで買ってきた洗濯ばさみを組み合わせたものを使用しています。
洗濯バサミ同士はコーナンで買ってきたボルトとナットで固定しています。
元々キューティーズのドールスタンドは腰で支えるタイプなのですが、安定して支えられなかったので個人的に改装してみました。

教室AのボディはDDなので、この片足スタンドで支えられますが、悠さんはSDなので、DDより重さがあるのでこのスタンドでは支えられません。ボークスから販売されているSD専用スタンドを使用しています。


まぁ、便利に改造して使いやすくするのも一つの手です。



タグ:sd dd SD16番

教室A [ドール]

教室Aです。

元々悠(SD16番)が着ていた衣装を着せてみました。

DSC07597-s.JPG


DSC07613-s.JPG


以下、自然光で撮影

DSC07629-s.JPG


DSC07631-s.JPG


DSC07654-s.JPG


DSC07663-s.JPG


ボディはDDⅡを使用しています。
今回はスタンド(キューティーズの60cm用ドールスタンド改造版 固定部分を片足にしています 以前よりこのブログで使用しています)の都合でボディを固定する必要があったので、作業中は以下のような状態に・・・(*´ω`*)

DSC07682-s.JPG


DSC07686-s.JPG


いやー、これは変態プレイとしか思え(以下略


ちなみにパンツは以下のようなアニメパンツ仕様にしました(*´ω`*)

DSC07692-s.JPG


まぁ、普段は見えない部分なので、こんな手の込んだ事をしなくてもいいのですが、
個人的にやりたかっただけ
です。


DDⅢ手首フレームについて [ドール]

DDⅢ手首フレームについて。

去年、DDⅢ手首フレームを買ったのですが・・・。

DSC07704-s.JPG


買った当初は問題なかったのですが、今年に入って使ってみたところ、かなり硬い(-_-;)
スムースに動かない・・・。

手首フレームにもいくつか種類があるらしく・・・

DSC077055555555555555555-s.JPG


まぁ、製造時期やロットにもよると思いますが、うちにあるのは全て硬いです(-_-;)
動かす前提だと致命的ですが、幸い動かさないドールに使用する予定になりそうなので何とかなりそうなのですが。
DSC07706-s.JPG
地味にマイナーチェンジしている模様。ちょっとずつ形状が変わっています



うちにあるDDⅡの手首フレームは買ってから数年立ちますが、そんなことはまったくなく、スムーズに動きます。
どうやらDDⅢになってから手首フレームの材質が変化した感じです(DDⅡでは光沢がありますがDDⅢでは光沢がなくなっている感じがします)。

ちなみにオビツ60/50の手首パーツを使うという手もありますが(「60RP-F01WP-25」や「50RP-F01WP-25」)DDⅢの手首パーツよりもお値段が高くなるという・・・OTL...
ただ、手首はスムーズに動くようになります(DDのボディに付ける場合、少々加工は必要ですが・・・)。

まぁ、この辺りは臨機応変に対応する事とします(^^)
前の10件 | -