So-net無料ブログ作成

マリアを修復 [ドール]

さて、今回片付けていたドールを出してきたのですが・・・。

一部の娘はスタンドや椅子を使って布をかけた状態で保存していたのですが、スペース上すべての娘をそのように保存することが出来なかったため、一部の娘はダンボールにしまっていました。

ダンボールにしまっていた娘の損傷が激しかったです。

特にマリア。

DSC06231-s.JPG



一番下にしまわれていたという事もあり、重さで右手が変形していました(下の写真の赤丸部分。写真は修復後)。

DSC0623288888888-s.JPG



あと、バイオリンの弦の毛がヘタっていました。なので、貼り直しました(下の写真の赤矢印部分。写真は修復後)

DSC0623477777777-s.JPG



顔とボディは材質が違いますが(顔はキャスト、ボディはポリ塩化ビニル(PVC)製の外皮)顔の黄変がボディと比べて目立つ感じではないです。

ボディはオビツ60、手はドルフィードリームなので、当時はそんなに差がなかった腕と手の色の違和感が経年劣化で目立ちます(手がピンクっぽい)。

ただ、オビツ60と黄変した顔の色が同じ感じの色になっているので手以外は色の違和感が無いですね。


マリアはうちに来た一番最初の娘なので(おそらく2006年~2007年位? くんが2008年に来ています)おおかた10年ほど経過している感じです。


一番最初の娘は思い入れが多いです。とくに最初はバイオリンを持たせる予定は全く無かったので、普通にスタンドで立っているだけのポーズだったのですが、キディランド梅田店で1/3バイオリンを見つけて「これを持たせよう」と思いたち、最初から高度な手持ちポーズを取れるような改造を行うことになるとは・・・。

その改造のお影から、違和感のない自然なバイオリンを持つポーズが取れているわけです。

改造経験は後にSDのヘッドをドルフィードリームの胴体に取り付けるという首ジョイントへと受け継がれます。


ひらめきでいろいろ出来るのがドールの醍醐味ですね(*´ω`*)


あと・・・実はこの後、エレナさんが現在ボディがない(以前紹介した教室Aに取られている)ので、余っているDDダイナマイトボディの残骸などでボディを1体分作ろうと考えているのですが、その記事はまたいずれ・・・。

nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 2

ma(≧∇≦)海@希羅里

>tochi さん

nice! ありがとうございますm(_ _)m
by ma(≧∇≦)海@希羅里 (2016-03-20 10:02) 

ma(≧∇≦)海@希羅里

>psyshu さん

nice! ありがとうございますm(_ _)m
by ma(≧∇≦)海@希羅里 (2016-03-20 10:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0