So-net無料ブログ作成
検索選択

再度、マリアを修復 [ドール]

この間、マリアの修復を行なったばかりなのですが、服の下の黄変具合の確認と、体を支える骨格が曲がってきているのでそれを修復しました。



服の下の黄変具合ですが・・・↓

DSC06628444444-s.JPG


胸パーツおよび、腕のパーツがみごとに黄変。
ひじのパーツは素材が違うためか黄変してません。
あと、手のパーツはドルフィードリームのものなので、黄変していないようです。


数年前に教室C用に買ったオビツ55の腕パーツと色を比較

DSC06631-s.JPG


かなり色合いが違いますね。年数でここまで変わるんですね。


バイオリンを持つ方の方のパーツが破損していたため交換し、体を支える骨格が曲がっているのでお腹周りを強化(緩衝材で保護)しました。

DSC06640-s.JPG


DSC06642-s.JPG


DSC06648-s.JPG


オビツの場合、部品単体で販売されている(肩のパーツ・ひじのパーツなどの分類で)ので大変助かります。
ただ、ボークスも大まかなユニットでパーツを販売しているので以前と比較するとかなり重宝します。

・・・。

DDボディがⅡからⅢになったので、一部の部品はもう入手困難ですがOTL...





nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 3

psyshu

黄変はSDの宿命ともいえる問題ですね、
新素材が開発されたり、画期的な商品で除去できるようになれば
よいのですがなかなか難しそうです。
by psyshu (2016-05-06 12:05) 

ma(≧∇≦)海@希羅里

>tochi さん

nice! ありがとうございますm(_ _)m
by ma(≧∇≦)海@希羅里 (2016-05-15 11:57) 

ma(≧∇≦)海@希羅里

>psyshu さん

nice! & コメントありがとうございますm(_ _)m

キャスト自体の黄変は避けられないです。新素材に期待ですね。
あと、オビツのソフビが経年劣化で黄変に近い状態になるのには驚きました。

ボークスのDDの外皮が経年劣化に強いのには関心しました。多少色が変化していると思いますが、黄変に近い状態にまで変化していないので、なかなか優秀だと思いました。
by ma(≧∇≦)海@希羅里 (2016-05-15 12:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。