So-net無料ブログ作成

DDにSDの手を取り付ける [ドール]

前回、日本橋のアゾンで購入したオビツ50の手首パーツを使用して、SDの手のパーツを取り付けます。

DSC06653-s.JPG


DDの手首パーツでも良いのですが、強度を考えるとオビツのほうが良さそうなので・・・。

なお、改造は自己責任でお願いします。パーツの破損、ケガなど当方では一切の責任を負いかねます。


DSC06656-s.JPG
オビツ50の手首パーツ


DSC06657-s.JPG
ニッパーを使用して余分なパーツを切り離します。


DSC06658-s.JPG
切り離し完了


DSC06659-s.JPG
ピンバイスで穴を開けます。


DSC06660-s.JPG
穴あけ完了。今回は1.5mmのドリル刃を使って穴を開けています。


DSC06661-s.JPG
穴を開けた場所に1.5mmの真鍮線を差し込みます。
差し込む際には差し込む真鍮線の先端に瞬間接着剤を少量塗ります。


DSC06663-s.JPG
SDの手のパーツ。
あらかじめ、最初に付いている金具を取り外しておきます。


DSC06664-s.JPG
こちらにもピンバイスで穴を開けます。


DSC06665-s.JPG

先ほど加工したオビツ50の手首パーツに差し込みます。

まず、上手く差し込めるか仮に手のパーツをはめ込み、問題ないようであれば、一旦手のパーツを抜き、真鍮線の先端に少量の接着剤を付けて再度はめ込みます。


DSC06666-s.JPG
完成


DSC06667-s.JPG
同じものをもう一つ作って左右の手が完成


DSC06668-s.JPG
DDの腕に差し込んだ際に入りにくいので、差し込む軸をちょっとずつ削って調整しましょう。



※なお、DDにSDの手を付けて素体単体で見た場合、バランスがおかしいので、服を着せてSDのヘッドを乗せたりする場合に使われる事をおすすめします。


今回使った接着剤
DSC06669-s.JPG


DSC06670-s.JPG


この接着剤、今回初めて使ったのですが、以前使っていたものより使い勝手がよく、なかなか重宝します。


nice!(3)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 5

Ryo

はじめまして。
アクションボディへのヘッド移植で検索してたどり着きました。

「DDのボディにSDのヘッドを取り付ける方法」の記事が、非常に実践的で参考になりました。
その中で質問があります。

私が所有するキャストヘッドは底面が完全に平らなタイプで、かめ座を使用することができません。
かめ座の代替として利用する部品は普通の座金でも大丈夫でしょうか。

よろしくお願いいたします。
by Ryo (2016-06-04 14:02) 

ma(≧∇≦)海@希羅里

>DorakenBeginner さん

nice! ありがとうございますm(_ _)m


by ma(≧∇≦)海@希羅里 (2016-06-12 14:50) 

ma(≧∇≦)海@希羅里

>tochi さん

nice! ありがとうございますm(_ _)m
by ma(≧∇≦)海@希羅里 (2016-06-12 14:51) 

ma(≧∇≦)海@希羅里

>psyshu さん

nice! ありがとうございますm(_ _)m
by ma(≧∇≦)海@希羅里 (2016-06-12 14:51) 

ma(≧∇≦)海@希羅里

>Ryo さん

コメントありがとうございますm(_ _)m

底面が完全に平らなキャストヘッドなんですね。
実は、かめ座はそのまま使わずにラジオペンチなどで平たく加工して使うことも可能です(うちのドールで何体かはそうしています)。

もちろん、Ryoさんの言われているとおり普通の座金でも使用可能です。

普通の座金はちょっと曲げたい際に曲げれないという所があったので(ヘッドによっては内部の曲線部が異なるため)、当サイトではかめ座を使いました。
by ma(≧∇≦)海@希羅里 (2016-06-12 14:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0