So-net無料ブログ作成

DDにSDの手を取り付ける [ドール]

前回、日本橋のアゾンで購入したオビツ50の手首パーツを使用して、SDの手のパーツを取り付けます。

DSC06653-s.JPG


DDの手首パーツでも良いのですが、強度を考えるとオビツのほうが良さそうなので・・・。

なお、改造は自己責任でお願いします。パーツの破損、ケガなど当方では一切の責任を負いかねます。


DSC06656-s.JPG
オビツ50の手首パーツ


DSC06657-s.JPG
ニッパーを使用して余分なパーツを切り離します。


DSC06658-s.JPG
切り離し完了


DSC06659-s.JPG
ピンバイスで穴を開けます。


DSC06660-s.JPG
穴あけ完了。今回は1.5mmのドリル刃を使って穴を開けています。


DSC06661-s.JPG
穴を開けた場所に1.5mmの真鍮線を差し込みます。
差し込む際には差し込む真鍮線の先端に瞬間接着剤を少量塗ります。


DSC06663-s.JPG
SDの手のパーツ。
あらかじめ、最初に付いている金具を取り外しておきます。


DSC06664-s.JPG
こちらにもピンバイスで穴を開けます。


DSC06665-s.JPG

先ほど加工したオビツ50の手首パーツに差し込みます。

まず、上手く差し込めるか仮に手のパーツをはめ込み、問題ないようであれば、一旦手のパーツを抜き、真鍮線の先端に少量の接着剤を付けて再度はめ込みます。


DSC06666-s.JPG
完成


DSC06667-s.JPG
同じものをもう一つ作って左右の手が完成


DSC06668-s.JPG
DDの腕に差し込んだ際に入りにくいので、差し込む軸をちょっとずつ削って調整しましょう。



※なお、DDにSDの手を付けて素体単体で見た場合、バランスがおかしいので、服を着せてSDのヘッドを乗せたりする場合に使われる事をおすすめします。


今回使った接着剤
DSC06669-s.JPG


DSC06670-s.JPG


この接着剤、今回初めて使ったのですが、以前使っていたものより使い勝手がよく、なかなか重宝します。


GWに日本橋に行ってきました。 [ドール]

GWに日本橋に行ってきました。

しばらくドールから離れていたので、久しぶりにボークス大阪SRとアゾンレーベルショップ大阪とDOLK大阪店辺りにいってみようかなと思い・・・。

日本橋に行く前に東急ハンズやヨドバシ梅田でプラ棒や針金、その他を購入(←今後のブログ記事で明らかに)
【こちらがその記事です】

まず、アゾンレーベルショップ大阪に。
50cmの服は充実していますね。60cmでも使用できるものがあるので重宝します。
AZO2という新モデルの服も販売されています(帰ってから知ったのですが、AZO2の服はDDでも使用できるものがあるんですね。今度行った時に買おうかなと(^^))。
服とオビツボディの部品と小物類を購入。

DSC06653-s.JPG



ボークス大阪SRへ。
会員証の期限切れてた(汗
どうりでボークスニュースが最近届かないわけだ。
なので、新たに作り直しました。
ピタッとウイッグと、ウイッグ、ドルフィーネットキャップとDDⅢ本体と一体型ボディを購入。

DDⅢボディは当初は購入する予定はなかったのですが、店員さんに相談に乗ってもらってDDⅡのパーツの話をしたら、DDⅢの方が格段に保持力などが上回っているとの事で迷った挙句購入。
一体型ボディは以前から気になっていたので・・・。
家に帰ってからDDⅢボディを確認した所、確かにDDⅡよりいろんな所が向上していますヮ(゚д゚)ォ!

ちなみにドルフィーネットキャップは本来の用途とは違う使い方をします(←今後のブログ記事で明らかに)。
【こちらがその記事です】

DOLK大阪店へ。
16mmのドールアイとウイッグを購入。
あと、レジの所に髪留めがあったので購入。
最近DOLK大阪店のtwitterを見ているのですが、新商品の入荷が半端ないですね。ただ、私が行った時には大半が売れていましたが(汗
ウイッグは本当に種類も多くて値段もリーズナブルで助かります(^^)


あと、当初予定になかったGEE STORE大阪店とジャングル大阪店に。
GEE STORE大阪店では、オビツ関連を扱っているのでウイッグや服とかを見ましたが、特に購入するものは無く・・・。
ジャングル大阪店はドールを扱っているので。
DWC01ヘッドがあったので購入。
SDのヘッド(お店の方も詳細は不明)購入。
※ジャングルはネットでも販売しているのですが、実店舗にはネット販売に掲載されていないものも多数置いてあります。

家に帰って比較してみるとDWC01ヘッドは教室Aと一回り大きさが違うんですね・・・メイクが難しそう・・・。

DSC06609-s.JPG


DWC01ヘッドは16mmアイでも個人的にはちょっと大きい感じがします。

どちらにしても、ヘッドの数に対してボディが足りないのでしばらくは出番が無いかも・・・。
(メイクが納得行くものではなく失敗したら、永遠に出番はないと思います(笑))



新シタンダードモデルのお知らせ? [ドール]

新スタンダードモデルのお知らせです。

【20××年スタンダードモデルのお知らせ】

DSC06575-s.JPG


SD13に新しいモデルが加わります。
熾衣(しい)shii

今までのスタンダードモデルを根底から覆すものとなっております。シリーズ初の男の娘。

DSC06581-s.JPG


ボディは新たに開発した男の子ボディを使用。熾衣(しい)の為だけに設計された特別仕様です。男の娘のためだけに極限まで追求したモデルとなっております。

DSC06583-s.JPG


オプションパーツとしてアタッチメントが大・中・小から選べます(同梱品は小です)。

DSC06590-s.JPG





ってな感じで(笑)

教室Cにくんが付けていたウイッグをつけた所、妙に似合っていたので撮影してみました。

服は昔60cmドールの世界に踏み出す際にボークスで一番最初に買ったものです。

当時はスーパードルフィーが値段的にも敷居的にも高くて買えなくて、一番最初は60cmのオビツの子を自作・・・(そのボディは現在のマリアに継承)。

DSC06604-s.JPG


ドールって奥が深いですね(^^)

再度、マリアを修復 [ドール]

この間、マリアの修復を行なったばかりなのですが、服の下の黄変具合の確認と、体を支える骨格が曲がってきているのでそれを修復しました。



服の下の黄変具合ですが・・・↓

DSC06628444444-s.JPG


胸パーツおよび、腕のパーツがみごとに黄変。
ひじのパーツは素材が違うためか黄変してません。
あと、手のパーツはドルフィードリームのものなので、黄変していないようです。


数年前に教室C用に買ったオビツ55の腕パーツと色を比較↓

DSC06631-s.JPG


かなり色合いが違いますね。年数でここまで変わるんですね。


バイオリンを持つ方の方のパーツが破損していたため交換し、体を支える骨格が曲がっているのでお腹周りを強化(緩衝材で保護)しました。

DSC06640-s.JPG


DSC06642-s.JPG


DSC06648-s.JPG


オビツの場合、部品単体で販売されている(肩のパーツ・ひじのパーツなどの分類で)ので大変助かります。
ただ、ボークスも大まかなユニットでパーツを販売しているので以前と比較するとかなり重宝します。

・・・。

DDボディがⅡからⅢになったので、一部の部品はもう入手困難ですがOTL...





教室A 

▼▼▼ヘッドだけの写真があります。ご注意下さい。▼▼▼










以前紹介した教室Aですが・・・

DSC05884-s.JPG


メイクが気に入らないのでメイクし直しました。



DSC06442-s.JPG


全体的にナチュラルメイクを意識し、ケバくならないようにしました。
目線も変えています。

あと、唇に光沢を出し、目の上も光沢を出しています。
更にしまい込んでいたドール全体に共通するのがアイの曇り。アイが光っていないと生き生きした感じが出ないので、アイ自体にもツヤ加工しています。

DSC06614-s.JPG


DSC06615-s.JPG


服も変えてみました(かなり昔に買っていたものです)。
マリアンヌ(教室A Sweet Dream)と同じお針子さんの服です。ただ、若干細部の飾りが違います。

悠(16番)の服も同じお針子さんのものですが、悠のは色が異なるのでデザインが似ていてもかなり違った印象になります。



さて・・・、うちの子はボディがDD(ドルフィードリーム)の子が多いのですが、大半がDDⅡ。既に店頭にはDDⅡのパーツが無いようで(汗
結構傷んでいるパーツがあって、修復を考えないと・・・と思っています。
ジャンクのパーツが結構あるので、そこからパーツ探すとか考えます。








メイク直し中 [ドール]

▼▼▼ドールヘッドだけの写真があります。ご注意下さい。▼▼▼













しばらくしまい込んでいたドールのメイクを修復中。

布をかけてしまい込んでいたり、ダンボールの中にしまい込んでいても、黄変やメイクの劣化は進むんですね。

DSC06478-s.JPG


太陽光や蛍光灯に当てていなくても劣化するという・・・。

普段から部屋に飾って風通しを良くして、普通に蛍光灯に当たっている方が目立って劣化しないのかも知れません。


黄変した色はどうしようもないので、パステルメイクで誤魔化します(笑)